大妻の教育

各教科の特色

国語

授業風景
授業風景
授業風景

国語の勉強では全ての教科の根本となる力を培います。
多様な文章の鑑賞・読解の基礎力を養成すると共に、漢字の小テストを繰り返し行うことで、中学卒業までに常用漢字の定着を図り、「ことば」の力を磨きます。
また、古典の学習では古文の持つリズムに慣れるため、中学1年から百人一首を暗唱します。
さらに古典常識や文法を学びながら古文の読解を進めます。

学習の流れ
中学1年生
口語文法・常用漢字などを学ぶことで、日本語の特徴を知り、生活の中で正しく使えるように指導します。また、初歩的な古文・漢文に触れることで、古典に慣れ、日本の伝統的文化に興味を持つ姿勢を育てます。
中学2年生
口語文法に加え、文語文法の初歩の学習を通して、日本文化・日本語の長所を知り、正しい表現を覚えます。また、古文・漢文を学習することで、広く日本の伝統的文化に興味関心を持ち、主体的に国語を学ぶ姿勢を育てます。
中学3年生
様々な文章の読解法を学び、語彙力や読解力を磨きます。また、継続的な古典の学習を通して、語彙力・文法力に支えられた正確な読解の方法を学習し、さらに日本の伝統的な考え方や文化についての知識と理解を深めます。