大妻の教育

各教科の特色

中学研究論文

生徒同士が協働して学び、発見・探究する時間です。
1年生は、情報の調べ方やポスター発表など、学び方を学ぶところから始め、グループでの調べ学習、文化祭での展示発表などを経て、2学期・3学期には教員・外部講師による「ミニ講座」を受講します。
「ミニ講座」は幅広いテーマで開講され、生徒の興味・関心を広げる、いわば種まきの時間です。
様々な分野の講座に参加し体験することで、自ら問題を発見する力や、思考力・判断力・表現力が養われます。
あわせて、論文で重要な「問い」の立て方も学びます。
2年生でも、ミニ講座の受講や文化祭での展示発表を行ったうえで、論文作成に向け、テーマやアウトラインの設定を行い、3年生で実際に書き上げます。
小グループでのポスターセッションを通して、研究成果を共有し、深め合います。