OTSUMA JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL

学校案内

教育ビジョン

はじめまして。校長の成島由美と申します。

 教育とは未来を創ること。我々は未来に生きる教育を追求していきたいと考えます。これまで以上の大きな変化、技術の進化があっても、未来を予測し未来に備えることができるのは人間だけです。21世紀、22世紀まで生きる人たちに相応しい教育、学びの在り方はどんなものなのか、どんな未来がやってくるのか、自分の頭で考え、時代の可能性を切り開く力にこだわっていきたいと考えています。

 社会に出ると「正解」のない問題ばかりです、また問題を解く以上に「問い」をたてる力が大切になってきます。何歳になっても深い教養や洞察力をもって時代に挑み続けることが大切です、沢山の書物に触れること、多様な友と交わること、世界的な視野で幅広いテーマへの関心を持ち続けること、これらが可能な環境、機会が本校には揃っています。

大妻ビジョン50について

 これからの中高生は人生100年時代を生きる世代です。女性であっても人生のうち50年くらいの時間を自らの得意や好きなことを軸にしながら社会貢献する立場にあってほしいと考えています。働き続け、学び続け、年を重ねるほどに輝く女性を育てたい、そのための基盤となることを学ぶ場が大妻での6年間です。

 中高生を例えるなら「ダイヤモンドの原石」、将来光り輝く可能性の塊です。若い時期に異なる価値観とぶつかり合い、磨かれて世の中に通用する自分の軸を見つけ、しなやかな強さ、向上心を身に着けてほしいと思います。10代での挑戦、失敗は宝物。そこから得た悔しさや成功体験を原動力に大きく社会、世界という大舞台で飛躍してくれることを願っています。