お知らせ

先生からのお便り

先生からのお便り
  • 在校生・保護者

体を鍛え、心を鍛える

11月は体育館でのイベントがたくさん催されました
中1~高2までは球技大会、高校3年生は6年間の体育の集大成である創作ダンスの発表がありました
勝ち負けがはっきりする球技は負けるクラスの数のほうが多いだけに悔しい気持ちも味わうことになります。この経験によって心が鍛えられています
体は当たり前ですが運動することで鍛えられます
頭を鍛えるには考えたり覚えたりをたくさんすることです
この「鍛える」にはかなりの負荷を自身に課すことが必須になります
心を鍛えるには喜怒哀楽をたくさん体験することです
今日、高3最後のダンスの発表会を見ることができました
中学1年の頃の創作ダンスとは比べられないほどの成長ぶり、構成も自分らしさの表現も立派でした
それぞれの生徒が大妻での授業や行事を通じて約6年の間に負荷をかけ、相当な負荷を乗り越えた結果といえましょう
体育は目に見えやすい競技、きっと頭を鍛える、友達や教師、先輩との人間関係の中で様々な喜怒哀楽を経験し、心も鍛えられているはずだと思いました
残りセンター試験まで50日もないような高3ですが、自分たちのやってきたことを信じて体調に気を付けて勝負に挑んでほしいと思います