お知らせ

ごもくめし

ごもくめし
  • 受験生
  • 在校生・保護者

8月4日(土)英国セミナー(7)

 昨日、英国セミナーは「卒業」の日を迎えました。普段とは雰囲気の違うホールでセレモニーを行いましたが、日本でイメージするようなものとは違い、とても賑やかな、華々しいセレモニーでした。
 生徒たちはこの2週間で学んだことを基にプレゼンテーションをしました。歴代の王、女王の名前で作られた詩に始まり、London’s burningの詩の暗誦、日本とイギリスの四季についてなど、様々なテーマでのプレゼンテーションを堂々と行う姿には頼もしさを覚えました。セミナー担当の先生から修了証明書をいただき、スタッフの方々への感謝のメッセージや贈り物を渡すころには感極まって涙を流す生徒もいました。2週間、短いながらも、とても濃密な時間を過ごすことができたからでしょう。日本食は恋しいながらも「まだ日本には帰りたくない」という言葉にもその気持ちが表れていると感じます。
 今日一日をゆっくりと過ごした生徒たちは、明日朝の飛行機で日本へと帰ります。とても涼しいイギリスから酷暑の日本へと帰るのはつらいでしょうが、イギリスでの経験を通してたくましくなった生徒たちの、これからの活躍に一層の期待をしたいと思います。

I enjoyed today’s leaving dinner. There was starter, main dish, and pudding. The main dish was chicken and potato. It was hard to eat with a fork and a knife. They were very delicious! After the dinner, we had a graduation ceremony. I sang “London’s burning.” The actions of “London’s burning” is cute, so I had fun! Finally, we gave a card and a Japanese gift to the assistant. Then, they were happy. We were glad to see it. I was sad because I didn’t want to get apart from them. Momoka N.