お知らせ

ごもくめし

ごもくめし
  • 受験生
  • 在校生・保護者

中3 キャリア形成ワークショップ

中学3年生「キャリア形成ワークショップ 第2回目」

2018年2月10日(土) 13:30~15:30、第2CALL室で中学3年生の参加希望者6名とデジタルストーリーテリング研究所代表小澤眞人先生、日本アクティブラーニング協会の講師2名、進路指導部主任、副主任の11名で「キャリア形成ワークショップ」第2回目を行いました。
 中学3年生の参加者の皆さんは、前回の課題を期日までに提出し、ライフログの記録も順調に蓄積しています。今回のワークショップ前半では、2つのグループに分かれて、各自が作成したコンセプトマップをもとに、中学時代の出来事や経験、気づきや学びについて語り合いました。これは「ストーリーサークル」という活動ですが、主に2つの目的があります。第一に、自分の経験や感情、考えを他者に説明すること。記録として言語化する表現のレベルから、声や表情、ジェスチャーを交えた身体的な要素も加えて表現することになります。第二に、聞き手からの質問に答えることによって、新たな視点で見つめ直したり、気づきを得たりすること。そのためには、聞き手には「傾聴」や要約、質問することが求められます。
 初対面の大人や、普段、あまり付き合いのない同級生の前で、自分の経験を語るのは、そう簡単ではないかもしれませんが、参加者の皆さんは、明確な言葉で、よどみなく話していました。生き生きとした表情が印象的でした。ストーリーサークルの対話を通して、参加者同士、共感を得る展開が多くありました。
 後半では、コンセプトマップを再構成し、いよいよストーリー構成をする段階へと進みました。「序章:中学入学時の私 → 本論:私の歩み → 終章:これまでの私とこれからの私」という構成で、画像と文章を作成し、eポートフォリオにまとめるのが次回までの課題その1。来週・再来週の間にデジタルストーリーを制作します。(課題その2) +画像だけでなく、自分の声でナレーションも付けます。第3回目がワークショップ最終回ですが、6人のプレゼンテーションがとても楽しみです。

ワークショップ第2回目のキーワード:「対話」、「コンセプトマップ」、「eポートフォリオ」